時間が出来たらブログを書くという考え方は成功を遠ざける

「ブログを書く時間がない」

ブログでの集客を自分のお店のひとつの軸として売上アップを目指すという考えの下ではじめたブログなのに、その優先順位が一番低い。これはもう本末転倒です。

なにもブログばっかりしていてくださいという意味ではなく、1日のスケジュールの中に30分だけでも「ブログを書く」という業務を入れてくださいという意味です。

最初は何を書いて良いかもわからず一生懸命に文章を考えて、一つの記事をアップするのに1時間以上かかったりもしますが、慣れてくればこれが10分でこなせるようにもなります。

ホームページの更新作業にも同じことが言えます。

ホームページやブログ、SNSなどはお店の営業マンです。お店の一つの業務として確立し、うまく運用できれば、どんどんお客様を集めてくれます。

ともすれば、足を使う営業や近所に配るチラシ、何十万円もかけて作るランディングページなんかよりも簡単にお客様を集めてくれます。

「売上の足しになってくれればラッキー」程度で行うブログなら何も問題ないのですが、本気で売上を確保したいのであれば、まずはブログを書く時間を意識的に確保するべきです。

関連記事

  1. アクセス数が多ければ良いホームページ?いいえ、大事なのは質です。

  2. とりあえず3ヶ月毎日ブログを書いたらそれはもう凄いコトに

  3. 何のためにお金を出してホームページを作りますか?

  4. 価格や納期の交渉がもたらす結果

  5. ブログ発信は無料。チラシは10万円。どちらが良いか?

  6. HP?ブログ?SNS?集客わからない!やっても続かない!を解決します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。