文章は感情が伝わりにくい。常に気をつけるべきポイントです

文章というヤツは結構やっかいなもので、その時の感情が伝わりにくいという弱点があります。家族や友達との間でのやり取りは絵文字やスタンプを使えば良いですが、お客様に対してはそうもいきません。

ホームページやブログ・SNSを利用していると、少なからずお客様とメールやコメントでのやり取りの機会が発生します。相手が今後お店の商品を買ってくれるかリピートしてくれるかの分かれ道です!死ぬ気で文章を考えてください!とまでは言いませんが、気持ちの良いやり取りを行うためには、やはり文章において「言い方」は重要です。

超簡単な例ですが、

驚きました。

驚きました!!

上記2つだと「!」がある方がその文章の先にある感情が見えます。

「そんなのわかってるよ!当たり前だろ!」って声も聞こえてきそうですが、これがなかなか実践できとらんのですよ!

ネットショップのご注文確認メール(考えるのが非常にめんどくさいですからね汗)。
ブログやSNSへのコメントの返信。
内容が宣伝ばっかりのメルマガ。
フレンドリーすぎる文章(商品や客層によりますが)。
堅すぎる文章。

自分のキャラクターがにじみ出る文章を書ける人は強いですね!

そんなわけで、メールやコメントへの返信などは、極力感情を出すようにした方が良いと思います。

関連記事

  1. 商売においてネットを利用した売上アップを考えた時、パソコンやインターネ…

  2. ブログ発信は無料。チラシは10万円。どちらが良いか?

  3. お店のオーナーとホームページ業者が協力・連携したらどうなる?

  4. 激安格安ホームページ業者が安くできる理由

  5. 今からネットショップを始めたい方、熟考に熟考を重ねよ

  6. ホームページ業者はホームページを作れない?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。