文章は感情が伝わりにくい。常に気をつけるべきポイントです

文章というヤツは結構やっかいなもので、その時の感情が伝わりにくいという弱点があります。家族や友達との間でのやり取りは絵文字やスタンプを使えば良いですが、お客様に対してはそうもいきません。

ホームページやブログ・SNSを利用していると、少なからずお客様とメールやコメントでのやり取りの機会が発生します。相手が今後お店の商品を買ってくれるかリピートしてくれるかの分かれ道です!死ぬ気で文章を考えてください!とまでは言いませんが、気持ちの良いやり取りを行うためには、やはり文章において「言い方」は重要です。

超簡単な例ですが、

驚きました。

驚きました!!

上記2つだと「!」がある方がその文章の先にある感情が見えます。

「そんなのわかってるよ!当たり前だろ!」って声も聞こえてきそうですが、これがなかなか実践できとらんのですよ!

ネットショップのご注文確認メール(考えるのが非常にめんどくさいですからね汗)。
ブログやSNSへのコメントの返信。
内容が宣伝ばっかりのメルマガ。
フレンドリーすぎる文章(商品や客層によりますが)。
堅すぎる文章。

自分のキャラクターがにじみ出る文章を書ける人は強いですね!

そんなわけで、メールやコメントへの返信などは、極力感情を出すようにした方が良いと思います。

関連記事

  1. 日々のホームページの更新に必要な費用はいくら?

  2. ホームページを作ってトントン拍子で成功するお店はない

  3. お店のスタッフとホームページ業者が協力・連携するには?

  4. 「最安値をゲットしたい」と「あなたのお店で買いたい」という正反対の心理…

  5. ホームページで1回以上の失敗を経験したお店や会社はぜひご相談ください

  6. ブログ経由で来店する見込客の質

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。