ブログを長く続けることはそれだけで信頼となり得る

ネット集客ネット集客, ブログ集客, 継続は力なり

コピーライティングでいうところの3つの壁というのがあります。

「興味がない」「信頼しない」「行動しない」

チラシやDMなどは、この法則に当てはめて壁を順番に突破していくような構成にすることが多いですよね。

ではこの法則を、例えばブログに当てはめることができるのか。ブログの継続という視点から考えてみます。

ちなみに、権威とか実績とかライティングテクニックとか、そういう本格的なことをここで述べるつもりはありません。 小売店やサービス業の方々が集客に取り組むことに対してのメッセージです。

ブログが続かない人は3つの壁を自分で作っている

ブログが続かない人、これは見込み客にとって興味を示す機会すら訪れません。

前回の記事からしばらく間が空いて、「ずいぶん間が空いてしまいました。」などという言葉から始まるブログ。おまけに記事の内容も薄く、ボリュームもない。そしてまた間が空く。

当然「興味がない」ですよね。興味を示す要素がありません。

ある日その人が、ブログで何かの商品を紹介したとします。

「新商品です!私も使ってみたけど、とても良かったです!購入はこちら」

当然「信頼しない」「行動しない」ですよね。

ブログを書いた人は、もしかしたら店頭ではとても感じの良い接客で近所では有名なスタッフさんかも知れません。

店頭業務が忙しくて、ブログ記事を書く暇がないのかもしれません。

でも、ブログだけしか知らない人にとっては興味もないし、信頼もできないし、行動する気にもなりません。

ネット集客の社内体制が整っていない状態ならば、ブログはマイナス要因にしかならないのでしない方が良いです。

ブログには3つの壁を突破する要素が全て含まれている

集客のためのブログ(見込み客の役に立つことや有益情報を発信する)という前提になるのですが、続けるだけでコピーライティングで言うところの3つの壁を全て突破できるのです。

まず、続けているということだけで、興味を示す人はいます。

検索して初めて訪れたブログ、記事一覧を見てみると何年も前から記事があって、内容も充実している。読み進めると興味深い。そんなブログに出会った時に抱く畏敬の念。すごいなぁ~と思いますよね。ついブックマークしちゃいます。

「興味がない」壁の突破です。

その人が紹介する新商品なら、不振感や不安な気持ちは生まれにくいですよね。逆にこの人のオススメなら買ってみようかしらなんて思うこともあるでしょう。

「信頼しない」「行動しない」壁の突破です。

「興味を示し信頼し行動する」ブログとは?

続けること。続けることが最強の武器です。

「いやいや、続けるだけではダメ。質を高めなきゃ。」というコンサルタントの方もいますが、当然その考え方も間違っていません。むしろ大正解です。

ですが、そのやり方が合わなくて続かなくなる人もたくさんいます。続かなくなるくらいなら、まずは続けることだけを意識する方が効率が良いです。内容は集客コンサルタントや制作会社の運用サービスにサポートしてもらうのも手です。その場合は、効果的なキーワードやタイトルの書き方などもサポートしてくれると思います。

続けることにより「続けたい」と思う気持ちが芽生え、さらに心に余裕ができた。そうなって初めて記事の質に目を向ける。

その時点ではアクセス解析のデータも蓄積されてることでしょうから、集客コンサルタントや制作会社のサポートなどを利用するなどして、人気記事や有効なキーワードを洗い出したりと、本格的に取り組むと良いのです。

世の中、最初っから高い意識で取り組める人たちばかりではありません。そこも多様性というやつ?です。

いろいろな方法でやってみて、最後に成功すれば良いのです。