1-3.あなたのお店・会社のスタンスを明確にする

2019年6月27日

店舗集客のための「リアル営業」の知識やノウハウをホームページやブログ上に組み込むということは以前お伝えしましたが、では組み込むにはどうすれば良いのか?

お店・会社のスタンスとは?

「リアル営業」は日々行なっているから知識やノウハウもそれなりに持っているし、その仕組みも出来てるけど、それをホームページやブログに組み込むとはどういう意味なのか?

それには社内体制が重要になってきます。そして、社内体制はその会社のスタンスで決まります。

私はいつも下記の2つを例に挙げて説明しています。

「売れればラッキー」のスタンス
「会社の軸となる売上を目指す」スタンス

前者と後者では、整える社内体制に大きな違いがあります。

だがしかし、残念なことに整える社内体制は前者、期待する効果は後者と考えるお店や会社は多いです。

それも無意識のうちにです。

つまり、「会社の一つの軸となるような売上を期待しながら、売れればラッキーの社内体制しか整えていない」のです。

売れればラッキー!のスタンス

とりあえず社内にいる事務やアルバイトスタッフなど、「手の空いているもの」を「担当」に置き、ホームページやブログの更新を指示する。

または、当番制にして社員全員、順番に「担当」に置き、更新を指示する。

そしてコレが問題なのですが、指示内容も「商品アップしといて!」「何でも良いから順番にブログ更新しといて!」など曖昧である。

これは「売れればラッキー」スタンスです。

結果がついてくるはずもなく、負のスパイラルに陥る原因となります。

ただし、「リアル営業」での売上が順調で、ホームページはないよりもあった方が良いかな程度の考えであれば良いかもしれません。

まさに売れればラッキーと言ったところです。

そうじゃなくて、会社の一つの軸となる売上を考えているのならば、それ相応の社内体制を整える必要があるのです。

会社の軸となる売上を目指す!スタンス

ホームページやブログ関連の作業に多くの力を割り振れる社員を「担当」に置き、業者と連携を図りながら切磋琢磨していくような、「ネット営業」の体制を整える。

これが「会社の一つの軸となる売上を目指す」スタンスです。
 
「忙しいのにホームページ更新専門の担当なんか置けないよ。空き時間に誰かにさせるくらいしか出来ない!」

そう思った方もいらっしゃることでしょう。

確かにそうです。今の体制を変えるにはリスクやコストの問題が出てきますので、そう考えるのはむしろ社長として当然だとも言えます。

私が言いたいのは、いきなり「社内大改革を行なってください」ということではなく、「空き時間を利用して適当に更新しといて」という指示を出すそのスタンスがまずは問題だということなのです。

極端かも知れませんが、もはや失敗する以外の道が想像できません。

社内の体制を整える

いきなり大改革はできないにしろ、まずは1日2時間~半日程度は関連作業を行なう担当を置くことを検討する必要があります。

ある程度の責任を負って取り組まないと、人は適当にこなしてしまいます。

上からの指示が曖昧だったり適当ならなおさらです。

「俺はよくわからないから」という社長の丸投げスタンスは社員は敏感に感じ取ります。

最初は慣れない作業となるでしょうから、時間がかかることもあります。だからこその2時間~半日の確保なのです。まずは。

集客コンサルタントや制作会社の運用サポートなどと連携して取り組むのは、効率よく目標に向かって進む方法の一つです。

担当者を中心に、業者と連携を図りながら切磋琢磨して「ネット営業」の仕組みを構築していくと、おのずと結果も見えてきます。

※ただし、コンサルタントや業者は見極める必要があります。詳しくは下記カテゴリの記事を参考にしてください。

▼第2章2-1.へ

MENU

2019年6月27日